兵庫県西宮市・夙川駅近くのホメオパシー・鍼灸・ファンコーニ症候群・英語による診察など特別外来受付のクーパー動物病院

お問い合わせはこちらからお願いします
0798-72-0498

〒 662-0036 兵庫県西宮市大井手町11-29[MAP]

診療内容

フィラリア
予防

フィラリア

フィラリアは蚊が吸血する際に媒介し、心臓に寄生する寄生虫です(犬、猫、フェレット)。

 

蚊が飛び始める春から初冬まで、毎月1回予防薬を投与することなどで感染を防ぐことができます。当院では5月から11月までを予防薬投薬期間として推奨しています。

また、最近は暖冬の影響で、最後の投薬後に蚊が見られるときもあり、住んでいる環境によっては12月まで投与した方が良い場合もあります。

 

【犬のフィラリア予防薬】

犬のフィラリア予防薬は現在いろいろな種類があり、大きく分けると内服、外用(スポット剤)、注射薬の3種類です。毎年予防開始前には、少量の血液を取って、前年の予防で現在フィラリアに感染していないということを確認してからどの予防薬も開始します。

このとき、希望者には、少し多めに採血し、健康診断(さくら検診)として年1回の健康チェックを行っています。

万が一、投薬ミスや投薬忘れなどでフィラリア検査が陽性だった場合には、投薬処方が変わりますので、必ずフィリア検査が必要です。前年の予防薬が残っていても、検査が終わってから与えるようにして下さい。

1.内服

当院ではチュアブルタイプと錠剤タイプを扱っています。月1回投薬。フィラリアの他に消化管内寄生虫(回虫など)も予防できます。

ジャーキーなどのおやつが好きな犬にはチュアブルタイプ(イベルメック)は犬も喜び、投薬が楽に管理できます。チュアブルのような噛んで食べるタイプが苦手な犬には錠剤(カルドメック、ミルベマイシン)があります。

チュアブルタイプには、フィラリア、ノミ、ダニ予防が毎月1個の投与でできてしまうオールインワンタイプ(ネクスガード スペクトラ)も登場しました。

薬効成分の関係で、コリー系(シェルティ、ボーダーコリーなど)は、ミルベマイシンA錠という錠剤を推奨しています。

2.外用滴下薬(スポット剤)

 レボリューションはフィラリアだけではなく、ノミ、消化管内寄生虫(回虫など)も予防できます。月1回塗布。 錠剤など変わったものは食べないで出してしまうという場合や、ノミも一緒に予防したいというときには1本で全て予防可能なので便利です。

3.注射薬

プロハート12はワクチンではなく、内服にも使われているフィラリア予防薬を1年間持続の注射薬にしています。したがってワクチンのようにフィラリアに対する抗体を作っているわけではありません。注射すると1年間持続して体内に薬効成分が放出されますが、1年後には追加接種が必要です。1回注射すると1年間効果が持続するため、フィラリアにかかっている場合はリスクが高く使えません。また成長期の子犬は体重が大きく変化するため、1歳未満は使えません。

当院では、毎年1月から3月までをフィラリア注射による予防月間としています。万が一、少し注射時期が遅れても、この季節なら蚊から新たに感染するリスクが少ないからです。

また春の混んでいる時期にフィラリア予防で来院する必要が無くなります。

 

 

【猫のフィラリア予防薬】

2010年、西宮市内でもマンションでの室内飼育猫のフィラリア感染例が報告されました。猫は犬と異なり、検査でフィラリア感染を確認することや、治療が困難なので、予防することが大切です。1本でノミとフィラリアと同時に予防できるスポット剤(レボリューション)が使えます。

 

【フェレットの場合】

現在、日本国内でフェレット専用のフィラリア予防薬は手に入りませんので、犬用のフィラリア予防薬(ミルベマイシンA)を体重にあわせて使っていただいています。月1回投薬(内服)

兵庫県西宮市の動物病院クーパー動物病院